性感染症と不妊の関係(性病検査の必要性)

不妊症を診察する医師

性感染症とはクラミジアや淋病などの細菌性の病原体やエイズなどのウィルス性の病原体が感染し発症する病気を指します。

性感染症にかかると男性は尿道炎になることが多く、女性は卵管が炎症をおこし卵管が詰まってしまい不妊症の原因となります。

女性の場合は卵管が正常に機能しているかどうか見てもらうことも重要です。

卵管が炎症していたり詰まっていたりすると不妊の原因となるので気をつけましょう。

性感染症にかかると「夫婦ふたりで来てください」と言われますが、これは夫婦ですから当然性交渉があるからです。

性感染症は性交渉によっておこるものなので、男女ともに夫婦でない相手と性交渉をして性感染症になったら相手に感染させてしまう可能性が高まります。

性感染症にどちらかがかかったら夫婦ふたりで同時に治療することが大切で、どちらかでも治っていないとまたうつってしまうので注意が必要で、きちんとお医者さんで治してから性交渉をするようにしましょう。

夫婦で治療して陰性となるまで性交渉はひかえることが大切です。

男性の場合若いほど性交渉をもちたくなるでしょうが性感染症にかかっているときは我慢しましょう。

性病は比較的簡単にうつってしまう病気なので相手に迷惑のかかることをしないようにしましょう。

ちょっとでも疑わしい症状が有る場合は、郵送検査などで検査も簡単にできるので利用すると良いでしょう。

参考サイト:(性病検査キット専門店)

不妊症になる可能性がある性感染症

性器クラミジア感染症、淋菌感染症、膣トリコモナス症

出産時に感染の可能性がある性感染症

性器クラミジア感染症、淋菌感染症、HIV感染症/エイズ、梅毒、性器カンジタ症、膣トリコモナス症、性器ヘルペス、尖形コンジローム、B型肝炎・C型肝炎

性病(性感染症)の検査

性病(性感染症)は病気の種類によって症状が出やすいものと出にくいものがあることに加え、個人差によって症状が出ない人もおり、感染の自覚が無いため病状を悪化させたり、パートナーなどに感染させてしまう事が多いので注意が必要です。

思い当たる行為や症状があった場合は、自分では判断せずに性病(性感染症)の検査をすることが大切ですが、パートナーがいる場合は一緒に検査をすると良いでしょう。

検査は病院でもできますが、看護婦さんに性器を見られたり、診察台にあがるのが怖い、病院の営業時間は仕事中で病院へ行けない、保険証を使い家族にバレルのが怖いという理由から検査を受けない方が多いようです。

検査キットを使い性病(性感染症)の検査をすれば通信販売でキットを購入し、自分で検体を採取し郵送すれば良いので、人に知られず検査ができ、検査をするにあたって時や時間を選びません。

宅配ドクターの性病(性感染症)検査キット

宅配ドクター 性病検査キット専門店

郵送の性病検査キットを販売している専門店で、女性でも買いやすいシークレット購入が可能です。

キットの解説もわかりやすくされており安心して購入できる専門店です。

buy_btn

性病(性感染症)検査キットの信頼性

検査機器

地方自治体認定の検査機関で検査がなされるため、病院で検査を受けるのと同等の精度信頼性の検査結果を得られます。

安心して妊娠するために

性感染症が治れば性感染症が原因だったとしたら不妊でなくなるわけなので排卵日を目指して性交渉してください。

何度性交渉をしても赤ちゃんのできない夫婦もいますが性感染症が治ったけどそれだけが原因ではないかもしれません。

ふたりで病院へ行ききちんと赤ちゃんのできる体なのか調べてもらったほうがいいです。

いつ赤ちゃんができるのかなんて神様にしかわからないこと。

できるだけ健康な体で赤ちゃんを待ちたいもので、子供が欲しい場合は、不特定多数の方と性交渉をもたないようにしましょう。

赤ちゃんを望むならきちんとした体で妊娠するのを待ちたいものです。

クラミジアの治療法は抗生物質で、検査をして陰性となるまで飲み続けます。

淋病の治療法は注射で、同様に抗生物質での治療が中心でお薬がでる場合もあります。

最新記事
2014年10月2日
性器ヘルペス
2014年9月2日
トリコモナス症
2014年8月2日
梅毒
2014年7月2日
性器HPV感染
2014年6月2日
HIV ・エイズ
2014年5月2日
細菌性膣炎
2014年5月2日
淋病
2014年5月2日
クラミジア